MENU

年齢とともに進行するインポ

最近では若い方でもインポになる方が増えています、基本的には加齢とともにインポになる確率は高まっていきます。

 

ちなみにインポのを発現する確率が急増するのは40代からで、近年では晩婚化も進んでいるため不妊の大きな原因ともなっています。インポが原因でセックスレスになってしまう夫婦も多いため、軽視できない問題です。

 

ではなぜ加齢によってインポになってしまうかご存知でしょうか。これを知っておけば対策のしようもありますので、知っておいて損はありません。

動脈硬化

加齢によるインポの一番の原因は動脈硬化です。動脈硬化とは血管が硬く細くなる現象ですが、基本的には年齢とともに進行するため血管年齢として数値化されることがあります。

 

勃起するには血管が太く拡張される必要があるので、動脈硬化によって拡張しずらくなると勃起力が落ちてインポになってしまうのです。

 

つまり加齢によるインポを防ぐためには、動脈硬化を予防することが効果的です。高血圧の原因となる食事を控えるだけでも、血管年齢は若返りますので生活習慣を見直すことが重要です。

テストステロンの低下

男性ホルモンのテストステロンは性欲、勃起力、精子量に影響を与える非常に重要なホルモンです。ですが20代後半から徐々に減少していくため、こちらも加齢によるインポの原因となります。

 

歳をとると性欲さえ沸かなくなる理由は、テストステロンが減少してしまっているからなんです。またテストステロンは筋肉を作るのにも必要なので、減少してしまうと脂肪が増えていわゆる中年太りを引き起こしてしまいます。

 

ですがテストステロンは筋肉を使うことで増やすことができます。なので筋トレやスポーツなどの身体を動かす習慣を身につけることで、テストステロンの減少を食い止めることができます。

インポを改善するには

インポを改善するにはテストステロンという男性ホルモンの増加と勃起力の強化が必須。テストステロンの増加には運動と亜鉛の摂取が有効で、テストステロン増えると性欲や精子の生産力がアップします。

そして勃起力の強化にはアルギニンとシトルリンと言う2つのアミノ酸が大切。これらのアミノ酸が勃起に必要となるNO(一酸化窒素)を増加させる効果があるからです。

インポを改善するための詳細