MENU

朝勃ちは何で起こるの?

男性であれば誰しも経験がある朝勃ちですが、その仕組みをご存知の方は決して多くはないのではないでしょうか。

 

朝勃ちは正式には「夜間陰茎勃起現象」と言って、レム睡眠中に起こる勃起のことを言います。

 

レム睡眠は一般的に眠りの浅い状態で朝目覚めるタイミングもレム睡眠である状態が多いため、レム睡眠中の夜間陰茎勃起現象を引きずったまま起きると、それが朝勃ちと言うことになります。

 

性的興奮は全くない状態で勃起するため、勃起中枢が脳の命令がないのにもかかわらず勃起の命令を発しています。朝勃ちの目的はまだ解明されていないのですが、メンテナンスの一種ではないかと言われています。

朝勃ちの頻度

朝勃ちをチェックすることで自分の勃起力の状態もある程度わかります。例えばセックスでは勃起できないものの、朝勃ちはするという場合は心因性のインポである可能性が高まります。

 

一方セックスでも勃起できず、朝勃ちも起こらないということであれば器質性のインポである可能性が高まります。

 

朝勃ちの頻度はその人の起きるタイミングなどによってもまちまちなので何とも言えませんが、1週間全く朝勃ちがないということであれば少し問題かもしれません

 

若い方で生活リズムが整っていれば毎日朝勃ちしていてもおかしくありませんから、朝勃ちは勃起力のバロメーターと言えます。

 

ただ起きるタイミングがノンレム睡眠の場合は夜間陰茎勃起現象があっても気づけないので、スタンプテストと言うセルフチェックのやり方があります。

 

寝る前に3〜5枚に連なった切手を陰茎に巻き付け端っこを濡らして止めます。もし夜間陰茎勃起現象が起こっていれば切手はちぎれるという方法です。どうしても気になるという方は一度試してみるといいかもしれません。

インポを改善するには

インポを改善するにはテストステロンという男性ホルモンの増加と勃起力の強化が必須。テストステロンの増加には運動と亜鉛の摂取が有効で、テストステロン増えると性欲や精子の生産力がアップします。

そして勃起力の強化にはアルギニンとシトルリンと言う2つのアミノ酸が大切。これらのアミノ酸が勃起に必要となるNO(一酸化窒素)を増加させる効果があるからです。

インポを改善するための詳細