MENU

中年太りはホルモンの低下

40代も中頃になると急激に増えるのがお腹周りの脂肪。いわゆる中年太りと言われる太り方で、昔の面影がなくなってしまったなんて言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

よく聞く中年太りですが、実は女性には中年太りがあまり見られないことにお気づきでしょうか。歳をとるとメタボ化するのは男性の方が多いのです。

 

その理由は男性ホルモンの低下です。男性ホルモンの一種のテストステロンは筋肉の生成を手助けするホルモンで、テストステロンが減れば筋肉も落ちます。

 

筋肉が落ちると基礎代謝も落ちますから、もし食生活が5年前、10年前とあまり変わっていなければ、脂肪がつくのは当たり前なんですね。

 

つまり中年太りと言うのは男性ホルモンが低下しているということでもあるのです。

運動の習慣を

自分は中年太りしてないから大丈夫と思っている方も要注意です。男性ホルモンが減る分食も細くなれば太らずに済みますが、精力が低下していることに違いはありません。

 

では年々減っていく男性ホルモンをどうやって増やせばいいかと言うと、ズバリ運動です。

 

テストステロンは筋肉の生成を助けると言いましたが、筋肉を使えば使う程テストステロンが増えることがわかっています。

 

また筋肉がつけば基礎代謝が上昇して脂肪がつきにくい身体になります。中年太りが進行すると高血圧を招き、結果的に勃起力を下げてインポの原因となりますので、是非対策されることをお勧めします。

インポを改善するには

インポを改善するにはテストステロンという男性ホルモンの増加と勃起力の強化が必須。テストステロンの増加には運動と亜鉛の摂取が有効で、テストステロン増えると性欲や精子の生産力がアップします。

そして勃起力の強化にはアルギニンとシトルリンと言う2つのアミノ酸が大切。これらのアミノ酸が勃起に必要となるNO(一酸化窒素)を増加させる効果があるからです。

インポを改善するための詳細