MENU

生活スタイルの変化

近年男性の草食化が進んでいますが、これは昔に比べて身体を使うことが減ってきたことと無関係ではないように思います。

 

というのも筋肉を使えば使う程男性ホルモンは増える仕組みになっているので、身体を使うことが減れば自ずと男性ホルモンも減ってしまうのです。

 

車や地下鉄などの交通網も整備され、趣味も多様化し昔にはなかったインドアな趣味も数多く増えました。これらのことは男性ホルモンの観点からすると大きなマイナスです。

男性ホルモンを活性化する

なぜ筋肉を使うと男性ホルモンが増えるかというと、実は筋肉が負荷を受けて回復する際に男性ホルモンのテストステロンが消費されます。

 

そしてこの消費量が多ければ多いほど分泌量も増えるため、筋肉に負荷をかけるとテストステロンが増えるのです。

 

そのため身体を動かすことが非常に重要で、自宅でできる筋トレなどでも効果があります。たださらに有効なのは競争相手の存在です。

スポーツで精力アップ

男性ホルモンのテストステロンは筋肉に負荷をかける以外に、闘争心を煽られると増えることもわかっています。

 

つまり相手と競い合うようなスポーツをすることが一番男性ホルモンをアップさせるのに効果的ということなのです。

 

例えばフットサルやテニス、バドミントン、バスケット、野球などは相手がいますね。また知り合いとジムに行って記録を競い合ってもいいかもしれません。

 

どちらにせよ身体を動かす習慣をつけることが、男性ホルモンを増やし精力を保つ秘訣です。時間がとれなければ自宅での筋トレでも構いませんので、是非生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

インポを改善するには

インポを改善するにはテストステロンという男性ホルモンの増加と勃起力の強化が必須。テストステロンの増加には運動と亜鉛の摂取が有効で、テストステロン増えると性欲や精子の生産力がアップします。

そして勃起力の強化にはアルギニンとシトルリンと言う2つのアミノ酸が大切。これらのアミノ酸が勃起に必要となるNO(一酸化窒素)を増加させる効果があるからです。

インポを改善するための詳細