MENU

病院で治せるわけではない

インポを病院で治療してもらおうと考えている方もいらっしゃるかと思いますが、病院に通えばインポが治ると思ってはいけません

 

まずインポは街の診療所でも診てもらうことは可能ですが、プライバシーの配慮を考えるとEDなどの専門機関利用をおすすめします。

 

実際の診察は問診です。いつから悩んでいるのか、どんな持病があるか、どんな薬を飲んでいるかなどを聞かれ、場合によっては血圧の測定などがあります。

薬を出してくれるだけ

その後はバイアグラなどのED治療薬を処方されて様子を見ましょうとなります。ED治療薬を飲んで勃起できれば、これからも定期的に処方しますねということになり、効果がなければレビトラにしてみましょうかとなります。

 

ここで注意していただきたいのは、ED治療薬はドーピングであって治すための薬でないという点です。飲んでから5時間ほどで効果が消えるためセックスの度に飲まなければならず、薬がなければセックスができないという状態になるのです。

 

つまり病院に行ったところで薬を処方されるだけで、インポが根本的に治るということはないということです。

 

ちなみに心因性のインポの場合はカウンセリングを行ってくれる専門機関もありますが、カウンセリングをした上でED治療薬を処方しますから結局は薬に頼るほかないのです。

 

なぜインポを治せないかと言うと、精力は筋力と同じで自力でつけるほかないからです。精力をつけるには精力剤などの健康食品の利用が効果的ですが、健康食品を売っても医療機関は儲かりませんから薬を処方するのです。

 

なので薬を求めて病院に行くのならいいですが、根本的に治したいということであれば自力で努力するしかありません。

インポを改善するには

インポを改善するにはテストステロンという男性ホルモンの増加と勃起力の強化が必須。テストステロンの増加には運動と亜鉛の摂取が有効で、テストステロン増えると性欲や精子の生産力がアップします。

そして勃起力の強化にはアルギニンとシトルリンと言う2つのアミノ酸が大切。これらのアミノ酸が勃起に必要となるNO(一酸化窒素)を増加させる効果があるからです。

インポを改善するための詳細